リフォームを成功させるための秘訣7カ条

お客様と工事業者にしっかりとした信頼関係が構築されなければ良いものは出来ません。

  • ①相談した内容にすばやく対応してくれるか。
  • ②豊富な施工実績があるか。
  • ③担当者の対応、仕事に対する姿勢に誠実さを感じられるか。
  • ④アフターシステム(保証書の発行など)がしっかりと整備されているか。
  • ⑤詳細な見積書を発行しているか。
  • ⑥お客様からの声を確認するシステムがあるか。

など、これらをポイントに考慮してみてください。一生に何度とないせっかくのリフォームを行う機会ですから、「やってよかった!」と心からいえるリフォームをしていただくために、是非、「安さ」だけにとらわれないで業者選定しましょう。


リフォームを行う理由・動機をはっきりとしてからプランを立てるようにしましょう。いざプランを考えはじめると、どうしてもあれこれと迷いがちですので、「これだけは譲れない」という事を家族会議などで明確にさせておいたほうがよいでしょう。


適切なプランニングを行うためにも業者には、予算は明確に伝えましょう。例えば「なるべく低予算で・・・」という曖昧な回答を担当者にし、担当者はそれを理解し、お客様のご要望に従いましたが、発注後に本当は予算が発注額よりも10万円多くあることがわかり、事前にその予算をわかっていれば高性能な設備を入れられたのに・・・などという後悔につながりかねません。


殆どのリフォーム工事は、住みながら行われます。
工事中に発生する騒音、荷物の移動は避けられない状況になります。よって、家の中が混乱状態になりがちですので、ご病気の方がいらっしゃる場合、お子様が受験直前の場合は時期をずらすことが無難です。また、お盆や年末年始などその時期までの工事の完了が急務の場合は、早め早めの計画を立てましょう。


口頭のみで大切な内容を済ませると、後に「言った」「言わない」の問題になりがちです。メモ取りや確認をしあうなどし、記録をしっかりと残しましょう。当社では、書面で打ち合わせの記録を残すようにしております。また、工事の変更・追加に関しては、確認書での確認を行うようにしております。


工事中は工事車両の出入り、騒音などご近所の皆様にどうしてもご迷惑をおかけしてしまいます。(特に、大規模な工事)当社では担当者がご近所の皆様方にご挨拶と工事のご説明を施工前・後にいたしておりますが、可能でありましたら、工事をスムーズに行うためにも、向こう三軒、両隣へはお施主様からもご挨拶をしていただけますようにお願いしております。


例えばキッチンの高さが希望通りになっているかなど時々チェックしに行ってみましょう。やむをえず変更したい箇所があったり、気になる箇所があるようでしたら必ず担当者への早め早めの連絡を心がけましょう。事前の打ち合わせを納得するまで十分に行い、工事中の変更はなるべくしなくていいようにしましょう。




保証書について

リフォーム工事の場合、住宅設備機器や屋根材、外壁塗料等のメーカーが製品に対して保証する「メーカー保証書」または「品質証明書」とリフォーム会社が工事部分に関して保証する「自社発行の保証書」の2つが存在します。
ファスト・ホームでは、自分たちの仕事内容と品質に誇りと責任を持っておりますので、「メーカー保証書」または「品質証明書」と合わせて工事部分までを含めた独自の最長10年間の「自社発行の保証書」をお渡し致します。

※修理・修繕工事は除く

リフォームとは、工事完了後からが本当のお付き合いの始まりだと私たちは考えています。
私たちはリフォーム工事をいただいた全てのお客様に対し、「メーカー機器保証書」と「自社工事保証書」を発行させていただいております。
弊社の保証には、商品だけの保証ではなく、末永くお客様の住まいの幸せの実現をお手伝いをする意味も含まれています。
そのため、工事直後にお客様の思ったことを全て伝えていただき、ご納得していただいた状態で保証をさせて頂きたいので、工事完了アンケートのご記入をお願いしています。
よって、工事完了アンケートの返送と引き換えに保証書を発行させていただいております。
また、工事完了アンケートをご記入いただけない方でも、保証書の発行をさせて頂きますが、お客様にとってより満足のいくアフターフォローができるよう、ご記入頂きたく思います。



築年数別 おうちチェックシート

どのような建物でも必ず経年変化はあります。よって、どの時期にどこまで修理を行えばよいのか?など、建物の耐久性や設備機器の耐用年数を考慮したリフォーム目安時期と修繕内容のポイントをご紹介します。

何か不具合がない限り、点検や清掃をしっかりとおこなえば大丈夫です。住まいの寿命を延ばすためにも定期的な点検を行いましょう。

  • 雨どいやバルコニー部分等の排水口の清掃・点検(年に一度程度定期的に)
  • 換気扇・外部排水マスの清掃や点検(年に一度程度定期的に)
  • 床のワックスがけ(年に3~4回程度定期的に)
  • 外部の鉄板部分や木部の点検(年に一度程度定期的に)
  • 障子・ふすまの張り替え(2~3年に一度定期的に)
  • たたみの表替え(2~3年に一度定期的に)

すまいの細かな部分の汚れや破損が目に付くようになってきます。早めに対処することが大切な時期です。

  • 屋根の点検、および部分的な割れ、ズレ、サビ等の補修
  • 内外部の建具の建てつけの調整、直し
  • 給排水管の配管クリーニングの実施
  • 外壁の清掃、部分的な亀裂修復
  • 壁、天井のクロスの張り替え
  • 外部の鉄板部分や木部の塗装塗り替え

水廻り設備(キッチン、浴室、トイレ、洗面化粧台、給湯器など)が故障したり、不具合を起こしたりし始め、外壁、屋根など外部の破損や汚れが目立ち始める時期です。

  • 屋根・外壁等の亀裂の補修
  • 屋根・外壁の前提的な塗り替え
  • しっくい壁、珪藻土壁、じゅらく壁などの塗り直し
  • 給湯器の修理、取り換え
  • キッチン、浴槽、トイレ、洗面化粧台等の全面的な補修、取り換え
  • 水まわりの床、壁、天井部分の点検、補修

お家の隠れた部分(土台や給排水管など)に、腐食や破損が目立ってくる時期です。しっかりとした対処が大切です。

  • 金属屋根等の全面的な補修
  • 雨どいの全面的な点検、補修
  • 破風板、軒天、雨戸、戸袋等の全面的な点検、補修
  • 基礎の点検、部分的な亀裂の補修
  • 床の全面点検、全面補修
  • 水まわり空間全体の点検、補修

住まいの耐用年数、家族構成が変化により、増改築レベルの大型のリフォームによって見直しが必要な時期です。

  • 建具の入れ替え、全体的な点検、補修
  • 全体的な基礎の補強、補修
  • 外壁の全体的な点検、補修、塗り替え
  • 金属屋根の張り替えなど屋根の全体的な補修
  • 水廻り設備の全体的な入れ替え
  • 生活スタイル変更等による間取り変更を含めた全面増改築


ライフスタイル別 リフォーム時期目安表

住まいの購入から出産、子供の成長、子供の独立、高齢化対策まで、家族構成や生活環境の変化に伴った住まいのリフォームポイントや増改築のコツなどをご紹介致します。

結婚し、子供が生まれ、子供の成長を考えるため、マイホーム購入を検討する夫婦が増える始める年代です。

  • 中古住宅の購入

    一戸建ての中古住宅の購入の場合は、水廻り状態のチェック、構造体や設備・配管等の隠れた部分のチェックが必須です。
    中古マンション購入時には「管理状態のよしあし」もポイントです。一戸建て、マンションともに中古住宅購入の際は、住みやすさを追及するため、間取り変更や設備機器を充実させるなどのリフォームを行いましょう。

  • 子供部屋について

    子供は小学校に通うようになると、少しずつ自我が芽生え始めます。小学生のうちは完全な個室よりも、基本的には家族と一緒に過ごしながら、自然に社会生活の基礎を学んでいける環境を作ることが大切です。
    よって、親が確認できる範囲で「オープンな個室空間」を確保するイメージで作りましょう。

子供も成長し、思春期に入る時期です。家族それぞれのライフスタイルを、尊重した空間が必要になる年代です。

  • 自分専用の部屋をつくる

    大人のための個室を作るリフォームの例が、最近増えてきています。それぞれ目的は様々ですが、自分の趣味を楽しむための部屋を作ったり、家でも集中して仕事が行えるようにSOHO(自宅兼事務所)を作ったりするケースが増えています。

  • 受験時期の子供部屋

    受験時期はちょうど子供の思春期の時期でもあります。この時期の子供はとてもナーバスになりやすい時期ですので、子供が勉強に集中でき、かつ、孤立しないような部屋作りを行うことが大切になってきます。

子供が独立し、ライフスタイルも変わり、第2の人生を考え始める時期です。
また、新しい家族との関わりが生まれてくる年代です。

  • 2世帯住宅

    2世帯住宅にも様々なタイプ(共用型や独立型など)が存在します。また、同居する夫婦が息子夫婦であるか娘夫婦であるかによっても、住宅のスタイルも変ってきます。それぞれの世帯の生活スタイルに合わせて2世帯住宅のタイプをしっかりと考慮し、見極めることが必要です。

  • 子供が独立後の住まい

    子供が独立した後には、夫婦2人きりになるため、夫婦2人が快適に暮らせる住まい作りをしていきたいものです。例えば子供部屋だった部位を長年の夢だった書斎にしたり、友人・知人を呼べるようにリビングを広くするなど、ちょっとした工夫をすることによって、楽しめる住まい作りを目指しましょう。

定年を迎え、家で過ごす時間が増え、趣味に使える時間も増える時期です。
また、年齢から住まいに不便さなどを感じ始める時期でもあり、心地よく生活するための改装が必要になる年代です。

  • 趣味に使う部屋

    定年退職を迎え、自分の自由時間を有意義に使うための趣味やライフワークの為に使用する空間を設けるリフォームが増えています。新たな人生のスタートとして、より快適な生活をおくるために間取り変更、設備機器取り換えを含めた全面的な改装を行う例が増えています。

  • 将来の介護に備えて

    老後に過ごしやすい環境であるために早めにバリアフリー対策を行いましょう。大きな段差だけを気にするのではなく、現在は気にならないような小さな段差や滑りやすいところなど、身体能力の低下を考慮し、細かな配慮が必要になります。また、手すり付けや段差解消などには介護保険から住宅改修費が支給されるケースも見られます。



来店ご予約 無料お見積り お問い合わせ